TVの話

デニムビールなどPR商品は美味しい?月曜から夜ふかしジーンズ離れ

2020年3月16日放送の月曜から夜ふかしで、若者の〇〇離れについて調査してみた件が放送されました。

クルマ離れをはじめとする様々な〇〇離れが叫ばれるなか、今回最初に紹介されたのがジーンズ離れ。

私服としてジーンズを多用しているわたし(30代後半)としては、少々寂しいところがあります。

なんでも最近の若者はジーンズを持っていないとか・・・。

 

そして、国産ジーンズの発祥地である「岡山県倉敷市児島地域」でも、全国的なジーンズの生産量低下(9,500万着から4,500万着)に歯止めをかけようと、ジーンズのPRを進めています。

 

例えば、番組でも紹介していたジーンズ型トイレ!

倉敷市児島地域にあるジーンズストリートの、味野第4公園にあります。

ここはJR児島駅から徒歩14分(1.1km)の距離にあります。

そのほかには、PR商品としてジーンズにちなんだ、青色の商品(食べ物)をいろいろと出しています。以下は倉敷市内の美観地区という観光地にある「倉敷デニムストリート」で味わうことができます。

  • 青いビール
  • 青い日本酒
  • デニムプリン
  • デニムソフト
  • デニムスカッシュ
  • デニムバーガー
  • デニムまん

 

それでは、これらの商品の味や色付けについて調べてみました。

なお、ジーンズ型トイレがあり、国産ジーンズ発祥地として大々的にPRしているのは、児島地区の「ジーンズストリート」で、青い食べ物がいろいろ味わえるのは、倉敷市の「倉敷デニムストリート」です。

場所は結構離れているので、お間違いなく。

 

ジーンズPR商品(食べ物)の口コミは?

青は一般的に食欲を減退させる色とされています。

そういえば、青い食品ってあんまりないですよね。

でも、PRのためならそんな心理的なお話なんて何のその!ジーンズをアピールするためにたくさんの商品が出ています。

デニムビール

青い色したデニムビール(倉敷インディゴ麦物語)。

https://twitter.com/shss_722/status/1223592011350953985

見た目はなかなかのインパクトですが、味については結構美味しいとの口コミでした。

フルーティでちょっと苦味のあるあっさりとした味わいだそうです。

デニム日本酒

デニム日本酒。ビールよりも澄んだ青なので美しいですね。デニムっぽいラベルもgood!

https://twitter.com/michinecoo/status/1197674900812550144

 

どうもスパークリングの「なごり泡雪」という商品もあるようです。

 

食欲云々はさておき、どちらも綺麗ですから見ていて楽しいですね。

デニムスカッシュ

ソフトドリンクも用意されています。デニムスカッシュ!

日本酒同様透き通った見た目が綺麗ですね。浮いている桃のシャーベットも岡山の特産品(桃)なので、岡山感全開の逸品。

桃のシャーベットが青じゃないので、青いデニムスカッシュが映えますね!

デニムバーガー

続いてはちょっと見た目にインパクトのあるデニムバーガー。

ちゃんと中まで青色です。

見た目を気にしなければ、普通にハンバーガーとして美味しいと評判です。

デニムまん

こちらもインパクト抜群のデニムまん。

スライムっぽい見た目ですね。

こちらも味は普通の肉まんのようで美味しくいただけます。

デニムプリン

お菓子になると、ちょっと青でもアリ感がでてきますね。

デニムプリンは、ほんのりソーダ系の味がします。

デニムソフト

ほんのりラムネ味のソフトクリーム。スイーツは青でもあんまり違和感がないですね。少なくとも、バーガーや肉まんよりは・・・。

普通に美味しいやつ。

以上は、倉敷美観地区にある「倉敷デニムストリート」で味わえるものです。

倉敷駅から徒歩13分(1.1km)、周辺には大原美術館などの美術館や、美観地区という綺麗な街並みがありますので、観光にも最適です。

 

ちなみに岡山市内には、さらにインパクトのある食べ物があります。

デニムラーメン

麺も卵もスープも青いデニムラーメン!

岡山市表町にある「桃太郎商店」で提供されているデニムラーメンです。

青い!

青い!

なかなか食欲は湧きませんがインパクトは抜群ですね!

桃太郎商店は、岡山駅から徒歩23分(1.7km)。路面電車の西大寺町駅からすぐです。

スポンサーリンク

青色はどうやってつけているの?

デニム○○に使用されている青色は、どのように着色しているかというと、クチナシでつけています。

クチナシとは、おせち料理の栗きんとんをはじめ、様々な黄色い食材の色付けに使われます。

クチナシの実は、「山梔子(さんしし)」といい、漢方薬としてつかわれています。

クチナシの黄色い色素は、広く食品に使われていますので、危険なものではありません。大量に食べると話は別ですが、ちょっとの量なら問題ありません。

と、黄色い色素の話をしてきましたが、今回のテーマは青です。

クチナシは黄色ですが、アルコールを加えると、化学反応で青色に変化します。

クチナシの色素で色付けられている食品にアルコールをかけると青に変化します。

この色素を利用したのが、前述の青いデニム〇〇たちです。

見た目は綺麗と捉えてもらえれば、味は普通に美味しいので、岡山観光の際の話のタネとしてぜひ挑戦してもらいたいです。

まとめ

月曜から夜ふかしででてきた、ジーンズ離れを食い止めるべく、岡山県倉敷市で展開されているデニム〇〇たち。

ジーンズ型トイレをはじめ、児島の町では駅の改札やバス・自販機など、様々なところにジーンズ柄があります。

また、倉敷の街に目を向けると、多くの青い食べ物たちが!

特に、デニム日本酒やデニムスカッシュは、見た目が綺麗ですよ!

他の食べ物は、見た目のインパクトはありますが、味は良いのでぜひ挑戦してください。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

2020-03-17