雑多な話

シイナ三浦一馬がいたアルメニアはどこ?観光名所や名物料理を調査

2019年12月4日の「水曜日のダウンタウン」で,オードリー春日さんの住む「むつみ荘」の住人に選ばれたお笑いコンビシイナの三浦一馬さん

芸人の前はプロサッカー選手として海外でプレーしていました.

三浦一馬さんがプレーした国の一つがアルメニアです.

 

  • アルメニアはトルコの西・アゼルバイジャンの東に位置する内陸国
  • 観光名所はキリスト教の修道院や中世の要塞
  • アルメニア料理は,高原食材をメインにハーブ類を使う料理

 

では,少し詳しくみていきましょう!

スポンサーリンク

アルメニアはどこにある?

アルメニアは,ヨーロッパの南東に位置する小国です.

日本人に馴染みのある隣国はトルコで,アルメニアはトルコの東,アゼルバイジャンの西に位置しています.

黒海やカスピ海に面した周辺国に囲まれている内陸国で,中国地方の面積より少し小さいくらいです.

人口は約300万人で,首都はエレバンという街です.

三浦一馬さんは,アルメニアの首都であるエレバンを拠点とするアラトト・エレバンというチームとプロ契約をしていました.

アルメニアは,独自の言語であるアルメニア語が中心です.

Բարեվ(ありがとう!・発音:メルスィ)

全く馴染みがなくて,当然読めませんし,判別難しそう.

 

世界で初めて国教としてキリスト教を採用した国であり,キリスト教関連の建造物がたくさん残っています.

ということで観光名所を見てみます.

 

観光名所は修道院が中心

先のお話の通り,アルメニアはキリスト教の文化が根強く,アルメニア正教会を信仰する国民が多数を占めます.このため,古くに建造された修道院が観光名所になっています.

 

970年ごろ建てられ,1200年代に再建されたというハフパット修道院

こちらは,1996年に世界遺産に登録されました.

 

そして,絶対行ったほうがいいと言われているタデヴ修道院

崖の上に建っていて,かなり眺望がいいですね.

夕日に染まった姿の写真はパワーがもらえそうな予感がします.

そして,この崖の上の修道院に向かうためには,過去ギネスにも登録されていた「元世界一長いロープウェイ」に乗っていきます(クルマでもいけます).

ロープウェイの長さは5,752mで,12分間の空中散歩.

タテヴ修道院に向かう間の景色は,写真でみても絶景です!

 

アルメニアは,高地・高原を中心とした国なので,その食文化も高原で採れる食材が中心になっています.また,ハーブ類やドライフルーツなどを使うのも特徴です.

 

次はアルメニア料理について紹介していきます.

 

アルメニア料理は高原に生きる遊牧民の料理

アルメニアは,高原の国であり,遊牧民としての料理文化が色濃いです.肉を焼いたり,乳製品を使ったりしています.稲作はできないので,主食は小麦です.

そして,中東の国であり,異民族に支配されていた歴史もあることから,隣国の食文化の影響も受けています.

なお,アルメニア料理には2,600年もの歴史があるそうです.

 

まずは主食.小麦を使った薄いパン(ラヴァシュ)が有名です.野菜やお肉をラヴァシュで巻いて食べたりするようです.

 

ロールキャベツみたいな感じで,キャベツではなくぶどうの葉を使った「トルマ」という料理.

 

肉を焼くときは基本的に串に刺します.遊牧民らしいですね.アルメニアンケバブというのもありますが,ホロヴァッツという料理もあります.肉を少し味付けして焼いたシンプルな料理です.

 

デザートには,パクラバというナッツを挟んだ甘いお菓子があります.

かなり甘いそうなので,甘党の方にはいいですね.

 

そのほかにも,チーズのサラダハシュという牛の足を煮込んだスープ(豚骨スープのイメージらしい)があります.

 

シンプルな料理が多い印象のアルメニア料理ですが,日本で食べれるお店は数えるほどだそうです.

アルメニア料理のみではありませんが,ロシア料理とかと合わせてという店が,新宿などに店舗がある「スンガリー」というお店.

 

ロシア料理が中心ですが,アルメニア料理もあるそうなので,立ち寄ってみてはどうでしょうか?

 

まとめ

むつみ荘に住むことになった,三浦一馬さんがかつてプロサッカー選手として活躍していたアルメニアという国を調べました.

歴史ある修道院をはじめとした建造物や,高原地帯の料理など魅力いっぱいですね.

アルメニアの方は優しく,おもてなしの精神も高いとのことなので,観光の選択肢としてもよいかもしれません.

最後までご覧いただきありがとうございました!

2019-12-06